プロも納得!【ヘンケルスのペティナイフ】が使いやすい!!

ヘンケルス・ペティナイフ1

こんにちは、蕨東口すがやの三代目(野菜ソムリエ)です!

桜も満開になり、もうすぐ散り始めますね〜。
一週間と、短い期間だけですが、春の訪れを感じられるようになりましたね。

 

さてさて、今日は久々にキッチングッズのご紹介です!

先日のことですが、友人の結婚式の引き出物(カタログギフト)で、ヘンケルスの包丁(ペティナイフ)を頂きました。

 

以前使っていたペティナイフも気に入っていたのですが、実は新しいペティナイフが欲しいなぁ〜と、ちょうど思っていたところなんです 笑

そんなナイスなプレゼントを頂いたわけですが、かなり使いやすくオススメ。

なので、このブログでもご紹介させて頂きます ^^

 

ヘンケルスについて知ってみよう

ヘンケルスとは?

ツヴィリング J.A. ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels AG)は、ドイツのゾーリンゲンに本拠を置く、刃物などのメーカーである。

「ツヴィリング」や「ヘンケルス」などの名前で知られている。双子のマークが有名。なお、社名の「ツヴィリング」とは、ドイツ語で「双子」の意。

創業は1731年にヨハン・ペーター・ヘンケルス(Johann Peter Henckels )がゾーリンゲンのカトラリーギルドに双子のマークを登録した年とされている。

その後、ヨハン・アブラハム・ヘンケルス(Johann Abraham Henckels)が1818年、ベルリンに第1号店をオープンさせた。社名の J.A. は彼の名前の略である。

日本へは大阪万国博覧会の際に万能料理バサミが便利なドイツ製キッチン用品としてドイツ館で紹介されて以来ゾーリンゲンの名前とともに知られるようになった。

ドイツ本社はゾーリンゲン市の歴史的建造物として保存されている。

引用:Wikipedia

ということで、ヘンケルスとはドイツはゾーリンゲンという場所で生まれた刃物メーカーなのです。

「ツヴィリング」とも呼ばれることもありますが、日本では一般的にヘンケルスと言った方がその名前は通っていますね。

ロゴも「ピクトくん」みたいな特徴的で覚えやすいマークですが、
双子のマーク:プレミアムブランド
1人のマーク:バリューブランド
として区別されて販売されています。

日本支社は岐阜県にあるそうです。

オフィシャルブランドサイトはこちら

 

ヘンケルス・ペティナイフのレビュー

ヘンケルス・ペティナイフ1

というわけで、こちらがそのヘンケルスのペティナイフです!

今回頂いたのは【Henckels HI Style Elite ペティナイフ 13cm】というシリーズで、色は赤。

開封前はこんな感じのパッケージに包まれています。

 

ヘンケルス・ペティナイフ2

柄の部分のアップ。

独特なクビレを持つ柄と色がなんともオシャレです。(今回引き出物で選べるのは赤だけでしたが、カラーバリエーションは全部で8種類あるそうです。)

「サビに強く」と「錆にくい」と字を変えてまで錆対策を強調しているので、よっぽど錆には自信があるのでしょう!

 

ヘンケルス・ペティナイフ3

お馴染みのロゴが描かれていますね。

双子ではなく1人のロゴなので、どちらかというと家庭用シリーズといった感じです。

プロ仕様は使ったことが無いのですが、違いを試してみたいですね。

 

ヘンケルス・ペティナイフ4

パッケージの裏面。

包丁のシリーズ名である「ハイスタイルエリート」という種類と、説明書きが書いてあります。

 

ヘンケルス・ペティナイフ11

こちらは研ぎ方の説明。

1ヶ月に1度を推奨していますね。

角度10〜20度と書いてありますが、鎬の幅がひろいので、実際に研ぐ時は少し寝かせ気味のほうが良いのかも。

 

ヘンケルス・ペティナイフ5

いざ開封!!

 

、、、と思いましたら、パッケージのどこにも切り込みなどがありません!!

 

説明書きもありますが、手で開封するのはかなり厳しいです!

ハサミ等を使わないかぎり、包丁を手にすることはかなり困難。

そして、空ける際は気をつけないと手を切りそうになります!!
ご注意下さい;

 

ヘンケルス・ペティナイフ6

中には製品パンフレットが同梱されていました。

中央の写真は三徳包丁のようですが、カラーバリエーションがあってポップで良い感じ!

特に女性にとってはインテリアとして選べるポイントにもなるので、こういったチョイスが出来るのは嬉しいのではないでしょうか ^^

 

ヘンケルス・ペティナイフ7

コチラの面はどちらかというと機能面を書き記したカタログ。

家庭用からプロ仕様まで、ラインナップが紹介されています。

、、、牛刀、使ってみたい 笑

 

ヘンケルス・ペティナイフ8

ポップな柄の部分にロゴが刻印されています!

こういった遊び心のあるアイコンがあると愛着がわきます ^^

 

ヘンケルス・ペティナイフ9

包丁の峰の部分にもシリーズ名とロゴが。

使って拭いた後なので写真写りが汚くなってしまいました、、、スミマセン ^^;

 

ヘンケルス・ペティナイフ10

こちらが開封した後の全体の姿。

柄尻部分にもロゴが!!

 

ヘンケルス・ペティナイフ12

試し切りでトマトを切りました。

当たり前ではありますが、どんな包丁も最初は切れ味抜群です。

がしかし、
このヘンケルスのペティに関してはメチャメチャ切れ味が鋭い!!

「豆腐か!?」と思えるくらいに抵抗なしに刃がスルッと入っていきます!!

他にも人参やジャガイモの皮むきや、果物を切ったりしましたが、どれもスルスル切れてかなり心地よいです!

 

ヘンケルスのペティナイフを使ってみた感想

カタログで取り寄せたものだからそれなりかなぁ〜と思っていましたが、完全に見くびっていました!!

このヘンケルスに関しては、
・持ち手(柄)がフィットしてとても持ちやすい
・最初に使う切れ味が抜群に良い
・カラーが選べて、見た目もオシャレ
・お値段も手頃(プレゼントなのに調べて申し訳無いです ^^;)
といった4つの点で、個人的にかなり高評価です!

あとは1ヶ月ほど使ってみて、どれくらい切れ味に変化があるのかが様子見ですが、一般家庭で使う分には十分すぎるほどの切れ味だと思います。(子供に使わせるのは怖いくらい)

 

小回りを効かせるためにも、ペティナイフは三徳包丁と合わせて持っておいた方が絶対に良いアイテムです。

もしペティナイフを使ったことがなく、これから購入してみたいと思っている方には、ヘンケルスをオススメしますよ ^^

 

関連記事

PR



ヘンケルス・ペティナイフ1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA