意外と知らない【デコポン(不知火)】の簡単な「むき方・切り方」と「食べ方」

デコポン1

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です!

 

先日、知人からデコポンを頂きました。

実はデコポンってあんまり食べる機会が無かったのですが、いざ目の前にしてみると、、、

デコポンってどうやってむくのが良いんだろう?

と思い悩んでしまいました 笑

 

柑橘類は種類によって、その大きさや皮の厚さが様々。

甘夏やグレープフルーツのように包丁を使ってむくのが良いのか。

それともみかんのように手でむいて食べるのが良いのか。

慣れない柑橘類は、食べる前に戸惑いますよね 笑

今日はそんなデコポンのむき方と食べ方をご紹介したいと思います ^^

 

デコポンとは、どんな果物?

シラヌヒ(不知火)は、ミカン科ミカン属の柑橘類のひとつ。

「清見」と「ポンカン」の交配により作られた品種である。

日本における2010年の収穫量は42,440トンであり、熊本県、愛媛県、和歌山県、広島県、佐賀県の5県で全国の生産量の8割を占める。

引用:ウィキペディア

と、ザックリ説明ですが、名称がシラヌヒってなっていますよね。

ここで重要なポイントなのですが、、、実は

シラヌヒ(不知火)= デコポン

なのです。

というのも、

シラヌイ(品種名)

デコポン(登録商標)

という図式があるからなのです。

 

登録商標は「熊本県果実農業協同組合連合会」が所有しています。

なので、デコポンという名称が使えるのは、許諾を受けた農業団体のみ。

勝手に「デコポン」という名前を使ってしまうと、損害賠償を支払うことにもなるので注意が必要です!

蕨東口すがや・三代目
デコポンはフルーツ会のウォークマン的存在!?

勝手にデコポンの名を語ることは出来ないんですね〜。

デコポンの特徴は?

甘味が強いので、みかんのように気軽に食べられる柑橘といえます。

香りはオレンジに近く、果皮は温州みかんに比べるとやや厚めですが、剥くのは比較的簡単です。

じょうのう膜といわれる実と皮の間の膜は薄いため、果肉は袋ごと食べられます。

デコポンの旬と産地は?

デコポンの旬は初冬(12月)から翌春(5月)にかけてがシーズン。

低温貯蔵されたものは、6月頃まで出荷されるようです。

熊本県産が4割、愛媛県産が3割、佐賀県産が1割といった生産量のシェアがあります。

日本以外のデコポンの産地は?

デコポンは韓国の済州島では漢拏峰(ハルラボン)という名前で生産されています。

また、アメリカのカリフォルニア州ではSumo Mandarin(スモウマンダリン)という名称で栽培されています。

スモウという言葉が付いていますが、日本由来の要素があるんですかね ^^

 

デコポンのむき方(切り方)と食べ方

さて、前置きが長くなってしまいましたが、デコポンのことがわかりましたでしょうか ^^

デコポンのむき方と食べ方の極意ですが、、、

みかんと同じでOK!

すみません、なんのひねりもありませんが 笑

 

デコポンは、見た目が甘夏のように少し大きめな柑橘。

その見た目故に、皮がむきずらそうと思ってしまいがちなのですが、実は簡単に手でむくことが出来ます

瓤嚢(じょうのう)と言われる薄皮の部分も薄く柔らかいので、みかんと同様にそのまま食べられるんです ^^

 

写真で解説 デコポンのむき方

デコポン3

こちらがデコポン。

愛媛産で、ちゃんと商標登録を受けていると思われるので名称がシールに書かれていますね。

名前の通り頭の部分が凸(デコ)っとなっています。

 

デコポン2

余談ですけど、野菜ソムリエの授業の時、「柑橘果物はお尻のこの部分が出べそっぽくなっているのが美味しい」と先生から聞きました。

理由はわからないんですけど、選ぶ際はいつもココをチェックしています 笑

 

デコポン4

デコポンは手でも簡単にむくことが出来ますが、ちょいと一手間。

凸の部分にほんの少し切り目を入れると、よりむきやすくなります。

 

デコポン5

この部分は可食部ではないので、これくらいの切り込みをペティナイフで入れればOK。

余談ですが、僕の愛用しているペティナイフはHENCKELSのもの。

プロも納得!【ヘンケルスのペティナイフ】が使いやすい!!

2016.04.04

切れ味もよく、デザイン性も高いので、めちゃめちゃオススメな調理器具です。

 

デコポン6

ここから手でむいていきます。

あとはみかんと一緒です。

 

デコポン7

こんな感じで、スルスルとみかんのようにむけるのです ^^

 

デコポン

あとは小房にわけて、そのまま皮ごとパクリ ^^

デコポンは酸味が少なく、甘みがとっても強め!

 

楽天市場の「訳ありデコポン」がお得過ぎる

訳ありデコポン

実際にはデコポンでは無いのですが、楽天で販売されているワケありの不知火がとってもお得です。

僕も何度か購入していますが、不揃いではありながら味も良く、送料も無料なのでオススメです。

3kgくらいをまとめて買っておくと、みかんのように気付けばパクパクと食べ続けているんですよね ^^;

ネット購入の際は、色んな物が「訳あり品」での検索がお得

ふるさと納税もそうなのですが、楽天などで買う時に、「訳あり品」を狙うとお得です。

品質はそのままで、ほんの少し型崩れしたものが発売されています。

なので、食べる分には全く問題ありません!

美味しく安くデコポンやご当地グルメを食べてみたい方、ぜひチェックしてみて下さい ^^

 

大分県津久見市の高級完熟デコポン【デコ330】は、一度は食べて欲しい

デコ330

潮風の当たる傾斜地で、生産者が雨や寒さから果実を守り、5月の開花から翌年の3月末までの約330日間樹上で栽培しました。

濃厚で深みのある味わいと、さわやかに広がる香りが魅力です。特別栽培の為、生産者が限られています。

丹精込めて栽培した「デコ330」を是非お召し上がり下さい。

メディアでもよく紹介されている、とっても美味しい高級デコポン【デコ330】があります。

贈答用としても使われているらしく、大分県津久見市のふるさと納税の返礼品としても指定されています。

蕨東口すがや・三代目

僕も以前一度だけ食べたことがあるのですが、その甘さに感動しました!

酸味がほとんどなく、強い甘みが口の中に広がるんですね。

通常の栽培時期よりも長い、330日の期間を経て収穫されるため、デコ330と命名されたそうです。

フルーツ好きな人には、ぜひ召し上がって頂きたい一品です。

 

食べ終わったデコポンの皮を活用 3つの使い方

食べ終わったデコポン。

もちろん、皮がそのままそっくりと残りますよね。

そのまま捨ててしまいがちなデコポンの皮ですが、ひと手間かけると効果的な使い道があるんです。

デコポンの皮の3つの有効活用方法をご紹介します!

そしてデコポンに限らず、柑橘系の果物の皮は全て同じ使い方が出来ると思います ^^

1.お風呂に入れる

最初の活用法は、お風呂の入浴剤としての活用方法

そもそも、乾燥させたオレンジの皮自体が、陳皮という漢方薬として知られていますよね。

そのままの皮には、ワックスが付いている可能性があるので、一度水洗いをします。

それから細かくちぎって、天日干しにて2〜3日乾燥。

乾燥して水分が飛んだら、ガーゼや洗濯ネットなどで包んでお風呂に入れます。

身体がポカポカに温まり、美容効果も期待できますよ。

また、乾燥させたデコポンの皮には、消臭効果もあるようです。

下駄箱に入れておくと効果的ですね。

2.マーマレードやオランジェットなどのお菓子にする

2つ目はお菓子として食べる方法。

こちらもオレンジの皮でよく活用されますね。

砂糖と一緒に煮詰めてマーマレードに。

白皮の部分を切り取って、砂糖で煮詰めた後にチョコでコーティングしたオランジェットなど。

柑橘の皮部分の苦味と、砂糖やチョコレートの甘さが相性抜群なんですよね。

作るまではけっこう大変ですが、デコポンを大量に買った時にまとめて作ってみるのも良いかもしれません。

3.皮から出るオイルをつかって、油汚れを落とす

最後はお掃除の道具として使う方法。

柑橘の皮に含まれているオレンジオイルには、油汚れを落とした上に、汚れコーティングをしてくれる効果があります。

台所のガス代やシンク周りなど、油カスや白く濁ってしまっている汚れに、デコポンの皮が効果的。

軽くこすると、油汚れやアルカリ性の汚れが落ちやすくなるので、仕上げに拭き取ればOK。

子供がフローリングなどにクレヨンで落書きしてしまった際にも、同様の使い方が出来るそうです。

 

デコポンのむき方・食べ方のまとめ

甘くて美味しい美味しいデコポン、10年前くらいは贈答品としてしか見なかったような気がします。

最近はスーパーでもよく、デコポンや不知火を見かけるようになりましたね。

 

皮の厚い柑橘類はどうしても避けがちですが、デコポンは簡単に食べられる果物。

ぜひ美味しいデコポンを見つけて、手で豪快にむいて、美味しくお召し上がり下さい ^^

関連記事

PR



デコポン1

【うなぎの出前配達・お持ち帰り 承ります】

蕨市内全域・川口市の一部、南浦和近辺、うなぎをお届け致します。

また、ご予約によるお持ち帰りも承りますので、お気軽にご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA