【秋刀魚(サンマ)の内臓】が美味しく食べられる理由

サンマの内臓を美味しく食べられる理由

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です。

 

9月に入って、めっきり秋らしくなりましたね。

ちょっと前まで暑いと言っていたのが嘘のように、外ではもう鈴虫がリンリンと鳴いています。

 

そんな秋の時期に美味しくなる魚と言えば、、、やっぱり秋刀魚(サンマ)ですよね ^^

秋刀魚は他の魚と違って、内臓もほろ苦い旨味を持って美味しく食べられます。

 

しかし、なぜ秋刀魚の内臓が美味しく食べられるかご存知ですか?

今日はその疑問について調べてみたので紹介したいと思います!

 

秋刀魚は胃がない【無胃魚】

驚くことに、秋刀魚には胃がありません。

【無胃魚】という種類に分類されていて、餌を食べるとすぐに消化して排泄するという特性があります。

実際に秋刀魚を捌いてみたり、焼いた秋刀魚の内臓を見てみると、筒状になっている管がありますよね。

が、袋状の胃のようなものは無いので、食べたものを胃に溜めておくことが無いんです。

胃ではなく、長い腸の中で食べたものを消化するんですね。

秋刀魚に近い魚としては、意外なのですが、メダカが近い種類のようです。

メダカも秋刀魚と同様、胃がない無胃魚に分類されます。

 

秋刀魚漁が夜に行われるのも、理由の一つ

秋刀魚は日中に餌となるプランクトンを食べます。

そして夜の間は何も食べないという特性を持っています。

秋刀魚が主に行われるのが夜間。

そのため、漁で捕まえた秋刀魚のお腹の中には、何も入っていない状態となるんですね。

日中に釣ったりした秋刀魚の場合には、お腹の中に餌が残っているものもあるようです。

 

秋刀魚の内臓の栄養素

さんまは他の魚を食べるのではなく、動物性のプランクトンを主な餌としています。

そして長い腸の中ですぐに消化して排泄してしまうため、他の魚の内臓と比べても苦味が少ないとされています。

そして、そんなさんまの内臓には映像がたっぷりと含まれています。

主な栄養素としては、、、

  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミンA(レチノール)
  • ビタミンB12

といったものが多く含まれており、美肌効果や貧血予防にも効果が期待出来ます。

 

【秋刀魚(サンマ)の内臓】が美味しく食べられる理由 まとめ

秋の味覚の代表でもある秋刀魚。

無胃魚という聞き慣れない言葉が出てきましたが、そんな特性があるんですね。

 

身だけでももちろん美味しいですが、このほろ苦い内臓部分にも栄養がたっぷりとありますので、残さず食べると健康的です。

僕のオススメとしては、ほぐした身と一緒に大根おろしと混ぜながら食べるのが美味!

ぜひ、スーパーで美味しいサンマを買って、塩焼きにして召し上がって下さい ^^

関連記事

PR



サンマの内臓を美味しく食べられる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA