宅配クリーニング【リネット】を使ってみた感想とレビュー

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です。

 

今日は料理ともお店とも、全然関係のないお話です。

趣味であるIT関連のお話なので、ご了承下さい。

 

スマホの普及が進み、何でもネットにお願い出来る時代になりました。

クリーニングもそのうちの一つ。

インターネットで注文をして、衣類を洗濯して戻してくれるサービスがあるのです。

 

僕も以前から興味を持っていて、先日実際にサービスを利用してみました。

この記事に、感想とレビューを書いていこうと思います。

 

宅配クリーニングにも色んな業者さんがあります。

今回僕が利用したのは、

宅配クリーニング・リネット

というサービスです。

 

この記事では、

  • 宅配クリーニング・リネットとは?
  • リネットを利用するメリット
  • リネットの登録手順
  • リネットの会員制度と会費
  • 実際にリネットを使ってみた感想とレビュー
  • 使ってみて感じた3つのデメリット

をお伝えします。

 

宅配クリーニング【リネット】を使ってみた感想とレビュー

まず最初に、リネットとはどんなサービスかをご説明します。

 

宅配クリーニング【リネット】とは?

宅配クリーニング・リネットは、インターネットのクリーニング代行サービスです。

株式会社ホワイトプラスが運営しています。

 

インターネットの力を利用して、クリーニングをより身近で便利なサービスにしたい。

そんな想いで私たちはリネットを立ち上げました。

私たちはお客様と真摯に向き合い、身近で便利なサービスを提供し新しい価値を生み出すことでクリーニングを利用する人たちの増加に貢献できると考えます。

そのためには、自分たちの強みに集中することが大切だと考え、私たちは自社工場を持たずに、提携工場様と提携して、リネットを広めていく道を選びました。

提携工場様と共に力を合わせて、リネットを世の中に広めていきたいというのが私たちの強い想いです。

引用:株式会社ホワイトプラス WEBサイトより

 

自社でクリーニングをするのではなく、クリーニング工場と提携。

ユーザーをとクリーニング工場を、マッチングさせるビジネスを展開ということですね。

 

リネット自体はクリーニングをするというよりも、

インターネットを使って、消費者とクリーニング工場を繋げる

と行ったイメージというわけです。

 

リネットを利用するメリットと、登録手順

では、リネットのサービスを利用すると、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

品質の良い洗浄液を使用して、キレイな仕上がりに

石油臭の無い、水のような透明度の洗浄液でクリーニングをして、しっかりと乾燥させるのがウリ。

嫌な匂いを付けず、衣類へのダメージも少ないのが特徴。

 

指定しなくとも、シミを見つけたら無料でシミ抜き

対面で衣類について指定が出来ないため、検品には力を入れているようです。

嬉しいポイントとして、落とせるレベルのシミを見つけたら無料で対応してくれます。

  • 油系の汚れ→食油・皮脂・ファンデーション・口紅など
  • タンパク質系の汚れ→ご飯・牛乳など
  • 水溶性の汚れ→お茶・コーヒー・ジュースなど

 

顔を合わさない分、ユーザーへの細かい配慮を設定

電話やメールで直接相談や質問が可能。

仕上がりに対しての不満があれば、無料で再仕上げもしてくれるようです。

破損などの万が一のトラブルには基準に準拠して、補償もしてくれます。

 

リネットの登録手順

リネットを使うためには、まずユーザー登録が必要です。

以下のオフィシャルサイトから、登録が出来ます↓

 

リネットの会員制度と会費は?

リネットの会員には、無料会員と有料(プレミアム)会員があります。

 

送料

  • プレミアム会員:無料(2,400円以上の注文から)
  • 無料会員:一律980円

 

お届け(受取)日

  • プレミアム会員:最短2日後
  • 無料会員:最短7日後

 

仕上がり

  • プレミアム会員:ワンランク上の仕上がり
  • 無料会員:通常仕上げ

 

夜間便

  • プレミアム会員:24時まで出せる&受け取れる(都内23区限定)
  • 無料会員:21時まで

 

ハンガー便

  • プレミアム会員:ハンガーのまま納品
  • 無料会員:ダンボールにて直接納品

 

スタンプカード

  • プレミアム会員:有り
  • 無料会員:無し

 

限定キャンペーン

  • プレミアム会員:招待告知あり
  • 無料会員:参加不可

 

と、有料と無料の区別はかなりハッキリしていますね。

ヘビーユーザーになるのであれば、確実に有料プランの方がお得です。

 

リネットのプレミアム会員の会費は?

年会費プラン
3,600円/年(400円チケット×9枚が付くので、実質無料)

月会費プラン
300円/月

といったように、一括払いか月々払いの2種類があります。

 

最初に年会費プランに入らず、お試しで月会費プランを試す

気に入ったら年会費プランに移行する

という流れがスマートかもしれませんね。

 

実際にリネットを利用してみた 感想とレビュー

では、実際に僕がリネットを利用してみたレビューをご紹介します。

 

会員登録 〜 引き取りの申込

会員登録を済ませて、実際に注文してみました。

とりあえずお試しで、月会費プランでの申込です。

 

リネット1

 

PCから情報を入力していきますが、

  • 衣類を預ける日(引き取り日)と時間帯
  • 受け取り日と時間帯
  • オプション(各種有料サービス)

を入力して、予約を確定させます。

ここまで作業時間1分ほど。

 

疑問に思った方もいるかもしれませんが、

どんな衣類を、どれだけ預けるといった情報は入力しません。

 

こちらからまとめて送ったものを、向こうで検品してくれて見積もりを出してくれるシステムなんですね。

情報を入力して、これで準備は完了。

 

あとは荷物を引き取りに来てくれるのを待つだけです。

 

引き取り

注文後、指定した日時に、ヤマトの配達員さんが自宅まで荷物を取りに来てくれました。

有料会員のため、梱包用のダンボールも用意してくれています。

 

なので、こちらで準備していたものは、、、

クリーニングに出したい服を、適当な袋に入れてまとめておくだけ。

本当にこれだけです。

めちゃめちゃ楽。

 

とりあえずクリーニングしたいものを、ポイポイッとまとめておいただけでした。

ちなみに、今回はダウンジャケットとピーコートの2点。

 

それを配達員さんに渡しただけ。

あとはダンボールに入れて、梱包して持っていってくれました。

 

見積・支払い

リネット9

衣類を発送した次の日、こんなメールが届きました。

送ったものの確認と、最終的な見積金額です。

 

この金額がクレジットカードから支払われます。

もしも内容が違っていたり、キャンセルをする場合は、マイページから連絡を取ることも可能です。

 

受け取り

さて、いよいよクリーニングに出した衣類の受け取り日がやってきました。

 

ワクワクしながら家に帰ってみると、宅配ボックスに、

入っていない。。。

代わりに不在通知と、まさかの結果でした。

 

というのも、ダンボールが大きすぎて宅配ボックスに入らなかったんですね。

後でわかりましたが、

衣類を丸めずに、そのままのサイズでダンボールに入れてくれている

ので、箱もそれなりに大きなもので来ることが多いようです。

 

そして、後日。

休みの日だったので、直接手渡しで受け取ることが出来ました。

 

リネット2

リネットのロゴが入ったダンボールで、荷物が届きます。

宅配ボックスに入らなかっただけあり、かなり大きい。

 

リネット3

空けてみると、メッセージが書いた紙が一番上に。

 

リネット4

紙の下には再仕上げ&次回用の専用バッグが入っています。

 

ちゃんと宛名書きを入れるスペースも入っています。

これに洗濯物を入れれば、そのまま宅配に出せる仕組みですね。

 

リネット5

再仕上げをお願いする場合の伝票。

 

リネット6

PRのリーフレットも入っていました。

写真の雰囲気も良くて、とってもオシャレですね。

 

仕上がったコート2着

リネット7

気になる洗濯物ですが、折りたたまれていない、そのままの状態で入っていました。

箱から取り出すとこんな感じ、ハンガー&ビニール仕上げで届きます。

 

リネット8

ビニールを外して、仕上がり具合を直接触って感じてみます。

確かに、プレミアム仕上げというだけあります。

特別な洗浄剤を使っているという点から、触り心地はスッキリしているように感じました。

 

匂いを嗅いでみると、まさに無臭。

クリーニング後の独特な香りは一切ないですね。

 

あと地味に嬉しかったことが。

ダウンジャケットの方にシミがあったらしく、無料のシミ抜きサービスも施されていました。

 

仕上がり具合いは確かに満足です。

そして何よりも、ワクワクしたこと。

家から一歩も出ずに、クリーニングが完了したという便利さですね。

 

リネットを使って感じた、3つのデメリット

宅配クリーニング・リネットの便利さは実際に使ってみて感じることが出来ました。

が、やはりデメリットもあるのは正直なところ。

リネットを使ってみて、僕が感じたデメリットはこの3点です。

 

1.宅配ボックスに入らないサイズのダンボール

やはり指定日に手元に届いて欲しいもの。

宅配ボックスにも確実に入るサイズで送ってもらいたい

というのは正直感じました。

 

うちの宅配ボックス、容量はかなり大きい方なんです。

それでも入らず、持ち帰りとなってしまうのはちょっとマイナスポイントかなと。

「明日着る予定だったのに!」ということも起こりそうですね。

 

2.会員費はちょっとお高め

サービス内容を見ると、プレミアム会員になったほうが断然オトクなのですが、

月々300円または、3,600円/年の一括払い。

どちらかの、ランニングコストは地味に痛いかなと思いました。

 

プレミアム会員は送料無料ですが、一回の配送で2,400円以上の注文に限ります。

定期的にクリーニングに出す人でないと、メリットは無くなってしまいますね。

 

無料会員だと、出す毎に980円の配送費がかかります。

やはりその価格だと、ちょっとコスパが気になるところです。

 

3.実際に送ってみないと料金がわからない

これは人によって、デメリットになりうるところだと思います。

 

料金表があるので、それを見れば大体の金額は確定できるのですが、

実際に送ってみて、検品されてから出ないと正確な料金は確定しません。

 

シャツと思っていたものが、カテゴリー内でも違うもので料金が変わってきたり。

生地の都合で想定よりも高くなってしまう、と言ったような事例もあると思います。

 

なので、すぐに見積を知りたいという人には、デメリットな点かもしれません。

 

宅配クリーニング・リネットを使ってみた感想 まとめ

この記事のポイントをまとめますと、

  • リネットはユーザーとクリーニング工場を繋ぐ、プラットフォーム&サービス
  • ヘビーユーザーになるなら、有料会員の方がお得
  • 価格は若干高めに感じるが、仕上がりや使い勝手は最高
  • ダンボールが大きいので、不在時の受け取りには注意が必要

ということですね。

 

宅配クリーニング・リネットを使ってみて、サービス内容やメリット・デメリットを書いてみました。

 

実際に使ってみると、家から出なくて良いし、支払いもクレジットカードで済みます。

やはり便利だな、としみじみ実感します。

 

  • 洗濯物が定期的に多く出る
  • 外出が面倒くさい
  • 週末くらいしかクリーニングに出せない&受け取りにいけない
  • ネットで全部済ませたい

と言った人には、もってこいのサービスだと思います。

 

地元の馴染みのクリーニング屋さんも活用しながら、ネットでの宅配クリーニングサービスも併用する。

シーンやパターンで使い分けるのが良いですね。

 

リネットの詳細や登録は

以下にリネットのバナーを貼っておきますので、興味がある方はぜひ詳細も調べてみて下さい。

ユーザー登録も以下のバナーから出来ます↓

関連記事

PR



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA