木綿豆腐の美味しい食べ方は、そのまま冷奴が一番おすすめ

木綿豆腐の冷奴7

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です。

 

毎年のことですが、夏に腹筋を割ってプールでナイスな水着姿を、、、

と思いつつ、あまりにお酒が美味しいので皮下脂肪が消えません。

 

ということで、僕と同じように、ダイエットのために食事制限をする方も多いはず。

そんなダイエットの時、よく食べられる食材として、、、

豆腐はよく選ばれるものの1つですよね。

 

  • 湯豆腐
  • 豆腐サラダ
  • 豆腐ステーキ
  • 豆腐の味噌汁
  • 揚げだし豆腐

などなど。

 

色んな食べ方や調理方法がある豆腐ですが、中でも最も定番なのは、

やはり、冷奴ですよね。

サッパリと食べられますし、カロリーも低いから罪悪感も少なめ。

 

しかしそんな冷奴、一般的に絹豆腐で食べる場合が多いと思います。

 

ある調査では、

冷奴を食べる時、7割の人が絹豆腐を使う

というリサーチ結果もあるそうです。

 

僕自信も正直、固定観念で「冷奴=絹豆腐」というイメージがありました。

しかし、実は、

木綿豆腐こそ、冷奴で食べると美味しい

ということを知ったのです。

 

今日は木綿豆腐を使った冷奴について、話を書きたいと思います。

 

この記事では、

  • 豆腐とはどんな食材?
  • 木綿豆腐と絹豆腐の違い
  • 豆腐の栄養素は
  • 実際に木綿豆腐を冷奴で食べてみる

について、説明していきます。

 

木綿豆腐の美味しい食べ方は、そのまま冷奴がおすすめ

では、まずは豆腐について少し説明をしていきたいと思います。

 

そもそも豆腐ってどんなもの?

まず、豆腐自体がどんなものなのか?

意外と知らない、豆腐の知識についてご紹介。

豆腐(とうふ)は、大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり、その他)によって固めた加工食品である。

豆富や豆冨とも表記される。

東アジアと東南アジアの広範な地域で、古くから食され続けている大豆加工食品。

とりわけ中国本土(奥地を含む)、日本、朝鮮半島、台湾、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インドネシアなどでは日常的に食べられている。

加工法や調理法は各国ごとに異なるが、このうち日本の豆腐は白く柔らかい食感を持つ「日本独特の食品」として発達した。

引用:Wikipedia

蕨東口すがや・三代目
諸説あるようですが、日本には鎌倉時代に中国から伝えられたとも言われています。

豆腐を英語で書くと、soybean curd(大豆の凝乳状食品)。

固有名詞としては英語表記で【Tofu】でも良いようです。

中国では朝ごはんとして、屋台で熱々の豆腐を売っているイメージがあります。

 

木綿豆腐と絹豆腐の違いって?

一般的に豆腐には、木綿と絹ごしが有名です。

その2つの違いをまとめてみました。

 

木綿豆腐とは

豆乳に凝固剤を加えて凝固させ、穴の開いた木綿豆腐用の型箱に布を敷いて流し込み、圧搾・成形した豆腐。

表面に布目が付くことからこの名がある。普通豆腐ともいう。

英語表記はregular tofu。

出典:Wikipedia

 

絹豆腐(絹ごし豆腐)とは

濃い豆乳全体を凝固剤で凝固し、絹ごし用の型箱に流し込んで、ゲル状に固めて水にさらした豆腐。笹の雪ともいう。

英語表記はKinugoshi-tofuあるいはtofu with whey。

吸水総量は原料大豆重量の5倍から6倍となる。

出典:Wikipedia

蕨東口すがや・三代目

一般的に木綿豆腐の方が、

  • 同じ分量で水分が少ない
  • どっしりとして栄養価が高い

と言われています。

表面には木綿布の跡があり、触ると凹凸がわかるものもあります。

 

一方、絹ごし豆腐の方はそのツルッとした独特の食感や喉越しが特徴。

口当たりの良さが人気ですよね。

ただ、水分が木綿豆腐に比べて多いため、同じ分量の場合、栄養価が比較して低いのです。

 

栄養で言うと、絹豆腐よりも木綿豆腐の方が優れているんですね。

 

豆腐の栄養素って?

豆腐には色んな栄養素があります。

体を作る栄養素だけでなく、より身体を健康に保つ機能性食品でもあります。

積極的に摂取したい食材ですね。

 

豆腐の主な栄養素

  • タンパク質(筋肉・臓器・皮膚を作るための材料となる)
  • カルシウム(骨を作るための材料となる)
  • マグネシウム(動脈硬化の予防)
  • 鉄分(貧血予防)
  • ビタミンE(抗酸化作用)
  • カリウム(抗酸化作用)

といった複数の栄養素が多く含まれています。

どれも身体を作るために必要な栄養素ですね。

 

主な機能性成分(フィトケミカル)

  • 大豆イソフラボン
  • 大豆レシチン
  • リノレン酸

などが含まれています。

 

更年期障害の改善や骨粗鬆症の予防に良い、とされる大豆イソフラボン。

血中コレステロールや中性脂肪の改善効果が期待される、大豆レシチン。

血液サラサラ効果・免疫系機能を調節に役立つ、リノレン酸。

 

より身体を健康に保つために、これらの機能性成分も含まれているのが嬉しいですよね。

蕨東口すがや・三代目
ダイエット目的だけではなく、健康食品としても豆腐はしっかりと摂取したいところ。

脂っこいものを食べる時は、一緒に豆腐も食べると良いですね。

 

実際に木綿豆腐を、冷奴で食べてみる

さて、前置きが長くなってしまいましたが、実際に木綿豆腐で冷奴を作ってみます。

 

とは言っても、何も難しいことはありません。

なんせ、絹ごし豆腐が木綿豆腐に変わっただけです。

木綿豆腐の冷奴2

至って普通の木綿豆腐。

今回はスーパーで100円もしない、安売りの木綿豆腐を1丁用意しました。

 

木綿豆腐の冷奴3

木綿豆腐の表面は、こんな感じですね。

アップで撮影をした図ですが、これだけ近くだと、何の写真かわからなくなりますね。

 

木綿豆腐の冷奴4

1丁でも1人前以上あったので、包丁で1/3にカットしてお皿へ。

改めて感じましたが、やはり絹ごし豆腐に比べると弾力があり、ずっしりと重く感じます。

 

木綿豆腐の冷奴、美味しい食べ方のコツは

木綿豆腐の冷奴5

そしてここが、木綿豆腐を冷奴として美味しく食べるポイント。

 

木綿豆腐はぎっしりと詰まっています。

なので、ちょっと味付けをしただけだと、絹ごし豆腐に比べて味が薄くなってしまいます。

 

なので盛り付ける際は、

木綿豆腐を手で軽く崩して、盛り付けるのが良い

のです。

 

こうすることによって、

表面積が増えて味が付く範囲が広くなり、味が染みやすくなるからです。

 

そして木綿豆腐は崩れてもしっかりしています。

手で崩したとしても、ちゃんとお箸で持ち上げられるので大丈夫。

 

冷奴にお好みの薬味を乗せて盛り付け

木綿豆腐の冷奴6

崩して盛りつけましたら、好みの薬味を乗せていきましょう。

  • 鰹節
  • おろし生姜
  • 刻んだ長ネギ

の定番3種類を、今回は乗せてみました。

 

  • 茗荷(ミョウガ)
  • キュウリ
  • 白髪ネギ
  • 青ネギ
  • オニオンスライス
  • 針生姜
  • おろしニンニク
  • 納豆
  • オクラ

などなど、お好みの薬味をお好みで盛りつけてみてください。

 

木綿豆腐の冷奴を実食

木綿豆腐の冷奴1

僕はポン酢が好きなので、ポン酢を添えて写真を撮ってみました。

冷奴は醤油よりもポン酢派です。

 

こちらもお好みの醤油やめんつゆなど、好みは自由。

その時の気分でチョイスしてみてください。

「オリーブオイルと塩」という組み合わせも、なかなか美味しいですよ。

 

さてさて、いざ実際に木綿豆腐の冷奴を食べてみますと、、、

  • 思っていたよりも口の中でモサモサしない(絹ごし豆腐とはちがう滑らかさ)
  • 絹ごし豆腐よりも、大豆の風味を感じられる
  • 少量でも食べ応えがある

というのが大まかな感想です。

 

そして正直に言うと、、、、

絹ごし豆腐よりも、木綿豆腐の冷奴の方が好きかも。

 

もちろん木綿と絹ごし、どちらの冷奴も美味しいんですよ。

ただ、木綿豆腐の方がより大人好みというか、しっかりと味わいを感じられます。

豆腐のブランドにもよると思いますが、今まで食べてた以上に美味しく感じられました。

 

手で崩している分、ポン酢もしっかりと豆腐に絡まって薄いということもありません。

何よりも栄養価が絹ごし豆腐よりも高いという点が、ポイント高いですね。

 

今後の冷奴、絹ごしよりも木綿豆腐を進んでチョイスしてしまいますね。

 

木綿豆腐の美味しい食べ方は、そのまま冷奴がおすすめ まとめ

この記事のポイントをまとめますと、

  • 豆腐は、大豆の搾り汁をにがりで固めた加工食品
  • 絹ごしよりも木綿の方が、栄養価が高い
  • たんぱく質、カルシウム、マグネシウムといった、身体を作るために必要な栄養素が豊富
  • 木綿豆腐の冷奴は、手で崩して盛り付けると味が染みやすくて美味しい

ということですね。

 

今まで絹ごし豆腐でしか冷奴を食べてこなかった方は、

ぜひ木綿豆腐の冷奴にもチャレンジしてみてください。

新しい世界への扉が開けるかもしれません。

 

豆腐の旨味を強く感じたい人には、木綿豆腐の冷奴は特におすすめです。

夏の暑くなる季節も、もちろん冬でも、お気に入りの木綿豆腐でぜひ冷奴で召し上がってみて下さい。

 

野菜ソムリエに興味がある方へ

この記事は、野菜ソムリエとしての知識を活用して書き上げました。

こういった野菜の知識は、野菜ソムリエの講座を通して、楽しく学ぶことが出来ます。

 

野菜ソムリエに興味がある方は、ぜひこちらの記事もご覧下さい↓

 

野菜ソムリエの資料請求や説明会は、こちらからどうぞ

関連記事

PR



木綿豆腐の冷奴7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA