ちょっと手抜きだけど、十分美味しい!簡単なトマトソースの作り方

トマトソース

こんばんは、蕨東口すがやの三代目です ^^

近所のスーパーでトマトのホール缶が80円!
これは完全に買いですね!

トマトカレー、煮込み?
いやいや、今日はトマトソースを作ります!

基本のトマトソース

イタリア語ではサルサ・デ・ポモドーロ。
(トマトはイタリア語でポモドーリ(pomodori))

パスタやピザに使われる、南イタリアのトマトを使った基本的なソースです。

レシピは人やお店によって全然違い、これといった正解は無いと思います。
「マンマの味」と言われるように、家庭ごとに異なる味わいなので、自分なりのレシピを確立するのが良いかと思います ^^

なので、今日は僕のレシピをご紹介。
突っ込みどころもあるとは思いますが、お付き合い下さい ^^

 

材料(4人分くらい)

・トマトホール缶 1個
・オリーブオイル 大さじ3
・ニンニク 小1かけ
・好みの香味野菜(ニンニク・たまねぎ・人参・セロリ) トマト缶の量に対して各5%くらいの量
・ローリエ 1枚(もしくはオレガノ小さじ1/2)
・塩 小さじ1(出来上がったソースの重量の1%くらい)

 

作り方

・香味野菜をそれぞれみじん切りに
・フライパンに火をかけない状態でオリーブオイルとニンニクを入れる
・弱火でニンニクの香りを出したら、他の香味野菜を入れてしんなりするまで炒める
・トマトのホール缶とローリエを入れて、煮立ってきたら15分ほど煮込む
・木べらなどでトマトをしっかり潰し、馴染ませたら完成

チェックポイント
・オリーブオイルは乳化するので、多めに入れて大丈夫
・酸味が強かったら、もう少し長い時間煮込んだり、砂糖を少量入れると良い
・本場のソースは塩とトマトだけで作ることもあるそう

 

といった感じで、慣れれば20分ほどで出来上がります ^^

トマトには油を乳化させる成分があるので、オリーブオイルの量が多くても大丈夫。
大胆に使っていきましょう ^^

出来上がったソースは、パスタやピザにも使えます。
ブイヨンで伸ばしたり、塩やコショウで味を整えて、ぜひぜひ有効利用して下さい ^^

で、ソースを使って作ったパスタ。

今日はキノコと茄子を使ったポモドーロです ^^

トマトパスタ

 

関連記事

PR



トマトソース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA