夏を感じる【とうもろこしの炊き込みご飯】のレシピと作り方

とうもろこしの炊き込みご飯5

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です!

7月に入ってバタバタ続きですが、なんとか元気に活動しています ^^;

お店が終わった後、PCに向かって作業をしている日々ですが、目の疲労と睡眠不足が年々辛くなってくるのを気のせいだと思いたい今日この頃です、、、!!

 

さて、今日ご紹介したいのは、とうもろこしを生のまままるごと一緒に炊き込んだ、【とうもろこしの炊き込みご飯】です!

6月中旬の初夏から、9月中旬の残暑の頃くらいまでが旬であるとうもろこし。

実を炊いたご飯に混ぜ込むのはけっこうありがちですが、一緒に炊き込むってなかなか珍しいですよね。

しかも炊き込む時にはある【コツ】があります、、、!

そんなとうもろこしの炊き込みご飯のレシピと作り方を、写真付きでご紹介したいと思います ^^

 

とうもろこしの炊き込みご飯 レシピと作り方

とうもろこしの炊き込みご飯 材料

  • とうもろこし 1本
  • お米 3合
  • 塩 小さじ1

※お好みで、、、
・バター
・醤油
・ブラックペッパー
など

とうもろこしの炊き込みご飯 作り方

とうもろこしの炊き込みご飯1

まずはメインとなるとうもろこしを準備します。

スーパーなどで売っている普通のとうもろこしでOKです。

とうもろこしを購入する際の、選び方のコツ

皮付きのまま売っている場合、

  • 皮の緑色が濃いもの(しっかりと日光を浴びて育っている)
  • 先端のひげは褐色あるいは黒褐色のもの(完熟しているサイン)
  • ひげがふさふさしているもの(ひげの数=粒の数なので、粒が多い証拠)
  • ずっしりと重く、皮越しでも張りがあるもの(粒が隙間なく詰まっている)

皮が付いていない場合

  • 実が穂先までしっかりと詰まっていて、すき間がないもの
  • 粒の数が多く、大きくふっくらしていて、サイズが揃っているもの

ぜひこれらを目安に、とうもろこしを選んで下さい ^^

 

とうもろこしの炊き込みご飯2

さて、それでは今回のとうもろこしはどうでしょうか?

安売りでちょっとサイズが小ぶりでしたが、粒の揃い具合は良い感じです。

 

とうもろこしの炊き込みご飯3

皮を剥いたとうもろこしを切っていきます。

まず横半分にカットして、実を芯から削ぎ落とします。

少しくらい芯を削っても食べられますので、とうもろこしを縦にして、大胆にごそっと実を切り取って下さい ^^

そしてこの芯こそが、今日のワンポイントになりますので、捨てずに取っておいて下さいね。

 

とうもろこしの炊き込みご飯4

さて、予め研いで水に漬けておいたお米3合です。

この中に塩小さじ1と、とうもろこしの実と、、、とうもろこしの芯を一緒に入れます!

ここが今回のレシピのポイント!!

 

とうもろこしの芯を一緒に炊き込む理由はコレ!

実がなくなった後の固くて食べられないとうもろこしの芯。

実はとても多くの栄養素や旨味が含まれているんです!

とうもろこしの芯には「胚芽(はいが)」と呼ばれる部分が残っています。

胚芽
植物の種のなかで、将来生長して個体を形成する部分。

この胚芽には、
グルタミン酸(昆布と同種類の旨味成分)
アラニン(肝臓のエネルギー源として重要なアミノ酸で、甘味を含み、アルコール代謝を改善する作用も期待される)
が多く含まれていて、一緒に炊き込むことで出汁としてご飯に溶け込んでいくのです。

なので、このとうもろこしの炊き込みご飯を作る際、芯は超重要な調理食材として使用しますので、絶対に捨てないようにしましょう!!

ご飯の炊き方はこちらの記事をぜひ参考にして下さい ^^

ご飯

鰻屋が教えます!鍋と直火で【簡単】に絶品ご飯を炊く方法。

2015.08.05

 

とうもろこしの炊き込みご飯5

さて、ご飯が炊きあがりました!

直火で炊いているだけあり、ご飯は白くふっくらと、美味しそうに炊きあがっています!

そして白に映えるとうもろこしの黄色がなんとも鮮やかで美しい!!

とうもろこしの芯からも美味しい出汁が出ているはずです ^^

とうもろこしの芯はこの時点で役目を果たしましたので、取り除いてOKです。(もちろん食べられませんのでご注意を!)

 

とうもろこしの炊き込みご飯6

もちろんそのまま食べても美味しいのですが、今回はちょっとアレンジを加えます。

とうもろこしと相性の良い2つの風味を加えていきましょう。

まずは醤油を2〜3周、チョロっとかけ回します。

 

とうもろこしの炊き込みご飯7

次にバターを加えます。

ちょっと特殊なバターしかなかったのですが、コレ、海藻入りのバターなんです。

妹のフランスのお土産で頂いたものなのですが、バターの風味と海藻の塩気がかなりGOODな一品。

 

とうもろこしの炊き込みご飯8

醤油とバターを加えたら、熱々の状態で一気に混ぜ合わせます。

立ち込めるとうもろこしの甘い香りと、醤油とバターのなんとも豊かな香り。

この時点で完成なのですが、炊き込みご飯としてバクバク食べたい場合、ちょっと塩気があると単品でも余裕でイケます。

味見をして薄い感じでしたら、塩を足して味をつけて下さい ^^

おかずと一緒に召し上がる場合、そのままでも十分美味しく頂けます。

個人的にはブラックペッパーを効かせても美味しそうだな〜と思いますので、今度トライしてみます!

 

とうもろこしの炊き込みご飯9

さて、出来上がりましたら器に盛り付けましょう!

気になるお味の方ですが、とうもろこし・醤油・バターの風味がなんとも食欲がそそります。

一口食してみると、とうもろこしの優しい甘味が粒を噛むごとに現れ、とっても楽しい炊き込みご飯として食卓を彩ります ^^

 

とうもろこしの炊き込みご飯 まとめ

とうもろこしが丸ごと売りだされる夏のこの時期、ぜひお試し頂きたい一品です!

冷めても美味しく頂けますので、彩り鮮やかでお弁当にも良いですね。

 

野菜ソムリエに興味がある方へ

この記事は、野菜ソムリエとしての知識を活用して書き上げました。

こういった野菜の知識は、野菜ソムリエの講座を通して、楽しく学ぶことが出来ます。

 

野菜ソムリエに興味がある方は、ぜひこちらの記事もご覧下さい↓

 

野菜ソムリエの資料請求や説明会は、こちらからどうぞ

関連記事

PR



とうもろこしの炊き込みご飯5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA