昨日のケンミンSHOWで美味しそうだった、【味噌かんぷら】を作ってみました(ざっくりレシピ付)

味噌かんぷら

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です!

昨日、たまたまテレビを付けたらケンミンSHOWがやっておりまして、そこで紹介されていた福島県の郷土料理【味噌かんぷら】がとっても美味しそうだったので、早速作ってみました ^^

味噌かんぷら

「かんぷら」とは福島県の方言でじゃがいものことです。

ポルトガル語のじゃがいもの名称が訛って「かんぷら」と言うようになったそう(諸説あり)。

作り方は至って簡単!
じゃがいもを味噌と砂糖で炒めるだけなのです ^^

自分なりにちょっとアレンジした部分もありますので、そちらのレシピを紹介したいと思います。

 

味噌かんぷら 材料

・じゃがいも(出来れば小ぶりの新じゃが) 500gくらい
・豚こま肉(牛でも良いと思います) 100gくらい
・味噌 適量
・砂糖 適量
※味噌と砂糖は、これくらい入れたら美味しそうだな〜という自分の判断で、1:1の同量です(ざっくり過ぎでしょうか ^^;)

 

味噌かんぷら 作り方

・じゃがいもを皮がついたまま洗う
・フライパンに油(分量外)を入れて、じゃがいもと豚肉を炒める
・ある程度火が通ってきたら、味噌と砂糖を入れる
・具材と調味料が馴染んできたら、お皿に盛って完成

※チェックポイント
新じゃがの場合、そのまま切らずに丸ごと使います。
普通のサイズならば、一口大に切って、レンジで8分くらいまで火を通しておくと時短になります ^^

炒める油は少し多めにした方が、味噌と絡みやすくなります。
(気になる人は少なめでもOKです)

先日紹介したアンダンスーを予め作っておけば、炒めたじゃがいもにそのまま炒め和えるだけで簡単に作れます!

作り置きしておきたい!沖縄の豚味噌【アンダンスー】に感動した話

2015.08.23

 

そしてこの料理、作ってすぐよりも、冷めてからのほうがバツグンに美味しいです!!

作ってすぐに食べた時、正直「思っていたより感動しないな〜」と思いましたが、少し冷めてから食べたら、手が止まらなくなりました 笑

冷めた味噌がじゃがいもにしっかりと馴染んで、甘辛い味付けが淡白な芋の風味をしっかりと押し上げてくれます。

なので、お弁当に入れるのも良いですし、作り置きしておやつやおつまみにしても良いかと思われます。

福島の味、味噌かんぷら
簡単なので、ぜひぜひチャレンジしてみてください ^^

 

関連記事

PR



味噌かんぷら

【うなぎの出前配達・お持ち帰り 承ります】

蕨市内全域・川口市の一部、南浦和近辺、うなぎをお届け致します。

また、ご予約によるお持ち帰りも承りますので、お気軽にご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA