素人や初心者でも自宅で簡単に作れる【そば打ち】の道具とやり方を紹介

蕎麦の写真13

こんにちは、蕨東口すがやの三代目です。

 

料理好きな人がチャレンジしてみたくなること、その内の一つに、、、

そば打ち

があります。

 

当店は昔からの繋がりで蕎麦の組合に入っているのですが、なのに僕はそば打ちが出来ません、、、

業態が違うので「打てなくてもいいや〜」とずっと思っていたのですが、、、

最近そば組合のブログを書かせて頂く機会を頂きまして、ふつふつと蕎麦に対して興味が湧いてきました!

 

やらずにそのまま過ごすよりも、失敗してもいいからチャレンジが大事!!

素人腕前のため、もちろんプロのおそば屋さんには到底かなわないシロモノです。

が、それなりに形にはなったので、今日は写真付きでご紹介させて頂きます。

ざっくりレシピもまとめましたので、ぜひご家庭でチャレンジしてみてください!

 

蕎麦の素人や初心者でもチャレンジ!
自宅でも出来る、約2人前のそば打ち

まずは、そば打ちに必要な材料と用意する道具たち

手打ちそば 材料(約2人前)

  • そば粉 210g
  • 打ち粉 40g
    ※本来は端粉・花粉(はなこ)と言われる粒子の荒いそば粉を使いますが、今回は一緒のそば粉で代用
    ※馴染みのおそば屋さんにお願いすれば、分けてもらえる可能性もあるかも!
  • 強力粉 90g
  • 水 144g
    ※夏場は45%、冬場は48%くらいの加水率。
    ※今回は冬場なので、48%の144g(粉の全体量:300g、水:48%=144g)

楽天のネットショップで、お試し用のそば粉も売っていたりします。

いきなり1kgなどを買うと、確実に余ってしまいます ^^;

最初は少量から始めて見ることをオススメします!

手打ちそばに用意するもの

  • まな板 → 出来るだけ大きめのものが良い
  • ボウル → こちらも出来るだけ大きめで
  • 麺棒 → 今回、100均で購入
  • 電子スケール(計り) → 分量を計るのに、あると便利
  • 包丁 → そば切り包丁が好ましいが、家庭用の三徳包丁でもなんとかなる!

 

こういった蕎麦打ちセットも、ネットで販売していたりします ^^

まとめて買ってしまうのも、一つの手ですね!

 

実戦編 実際にそばを打ってみる

それでは、そば打ち素人の僕ですが、実際に蕎麦を打っていきたいと思います!

その1 水まわし

蕎麦の写真1−1

そば粉と強力粉をボウル内で合わせます。

本格的な人は、こね鉢を使って下さい ^^

出来るならふるいにかけて、粉を滑らかにし、しっかりと混ぜ合わさるようにします。

今回はそば粉と強力粉を合わせた二八蕎麦!
(と言いつつ、繋がりやすくしたかったので三七の割合 苦笑)

 

蕎麦の写真1

水回し一回目。

大体半分くらいの水を入れます。

手で水と粉を合わせるように、混ぜていきます。

 

蕎麦の写真2

まだまだ粉はこんな感じ。

細かい粉がちょっとずつまとまって、ボソボソっとした感じになります。

 

蕎麦の写真3

二回目の加水。

残っている水の半分くらいを入れます。

 

蕎麦の写真4

さらにボソボソっとした感じになってきました。

でもまだまだ全然、まとまるような雰囲気はありません。

この辺から大丈夫かと、ちょっと不安になってきます!!

写真ではカメラの都合上、片手で作業しています。

実際は両手でやった方が効率いいです 笑

 

蕎麦の写真5

3回めの加水。

様子を見ながら少しずつ入れていきます。

 

蕎麦の写真6

水を入れてから、さらにどんどん捏ねていきます。それでもまだまだ繋がらない!!

残りの水はほんのちょっと。

大丈夫なのか!?(心配度MAX)

 

蕎麦の写真7

最後に残っている水をほんの少しずつ足します。

、、、すると、、、あら不思議!!

今までまとまらなかった生地が、一気にまとまり始めました!!

この現象は本当に不思議な感覚です。

 

その2 練り

蕎麦の写真8

生地がまとまってきた様子。

パン粉だったようなそば粉が、どんどん一つの塊になっていきます。

 

蕎麦の写真9

ある程度まとまってきたら、手のひらを使ってひたすら捏ねて練ります。

パン生地を捏ねるような感覚ですね。

粘りを出すために練るというイメージではなく、中の空気を出したり、水分をなじませるイメージで。

練りすぎると風味もなくなり味が落ちるので、ゆっくりと押し出すように練るのが良いようです。

 

その3 くくり

蕎麦の写真10

こねてこねてこねて、、、、

ある程度やっていくと、表面が滑らかになって、光沢が出てテカリます。

こうなるまで頑張って捏ねましょう。

普段使わない筋肉、手のひらが、腕が、かなり疲れます ^^;

 

蕎麦の写真11

アップで見るとこんな感じです。

ちょっと光沢というか、表面がつるつるしているのがわかるでしょうか?

ちなみにこの状態のことを「蕎麦玉」というそうです!

 

その4 丸だし

蕎麦の写真12

まとまった生地に、薄く打ち粉をなするように馴染ませます。

そして、まな板にも打ち粉(今回はそば粉)を振り撒きます。

かけ過ぎると乾燥の原因になりますし、少ないとくっついてしまうのでご注意を!

最初は、ちょっと多いかな〜くらいの感じでまな板に振ると良いかもしれません ^^

 

蕎麦の写真13

左手で抑えながら、右手でクルクルと回してツノを作ります。

ドラクエのスライムみたいな形にします!

本格的な工程では、「菊練り」「へそ出し」と言われる作業があるのですが、技術不足のためその辺はざっくり割愛させて頂きました。勉強します!

 

蕎麦の写真14

ツノの部分を下にして、まな板に広げるように押し付けます。

ピザ生地のようなサイズで、丸くシワ無く広がりましたね。

 

蕎麦の写真15

ある程度のサイズまで、手で広げていきます。

右手の腹部分を使って、時計の12時〜2時の方向にグッと押し広げていき、回転させて全体を伸ばします。

 

蕎麦の写真16

ある程度広がってきたら麺棒で伸ばします!

100均で売られている麺棒は、この25cmくらいのものしかありません。

出来ればもうちょっと長い方が使いやすいですね。

 

蕎麦の写真17

かなり広がってきました。

本来なら、蕎麦玉を丸のまま大きく広げていくのですが、なかなか上手いこと丸の形にはなりません、、、

この辺はやはりプロのなせる技ですね。

 

本当はここから「角だし」と言って麺棒に生地を巻き付けて四角くする作業があります。

しかし、かなり横着して麺棒でなんとなく四角く仕上げました。ごめんなさい。

 

その5 たたみ・切り

蕎麦の写真18

広がった生地を折りたたみます。

ここからいよいよ切る作業に入ります!

 

蕎麦の写真19

そば切り包丁はもちろん無いので、普段使っている牛刀でカット。

ご自宅でやる場合は、三徳包丁でも出来なくはないと思います!

出来るだけ同じ太さを意識して、リズム良く切っていきます。

最初はゆっくりと、確実にそばが切れているのを感じながら!

 

蕎麦の写真20

切った蕎麦のアップ!

これだけ見るとそれなりに上手くできている感じが、、、 笑

 

その6 茹で

蕎麦の写真21

蕎麦を切り終えたら、鍋にたっぷりのお湯を沸かします。

蕎麦の茹で方に関しては、こちらのブログの記事がとっても参考になります↓↓↓

プロの老舗そば屋が教える!【絶対に失敗しない・年越し蕎麦の美味しい茹で方】

 

余談ですが、そばを茹でるのは、切ってから20分くらいおいてからの方が良いらしいです。

具体的な理由がはっきりしないのですが、

  • そば粉と水が馴染む
  • 捏ねた際の空気が抜ける

などといった理由があるそうです。

 

蕎麦の写真22

いざ、そばが切れないように、優しく持ち上げてお湯の中へ。

この時に箸で強くかき回してしまうと、そばが切れてしまうので要注意!!

 

蕎麦の写真23

そばが茹で上がったら、まずは流水でぬめりを取ります。

その後、氷水など冷たい水でそばをシメて水を切ったら完成!!

 

いざ、自ら打ったそばを実食!

蕎麦の写真24

そばの水を切ったら、お皿に盛りつけて伸びてしまう前にすぐに頂きましょう ^^

お皿とそばの間に、水切り用のザルがあるとさらに良いのですが、無いため直置きです!

 

蕎麦の写真25

出来上がったそばはこんな感じ。

、、、よくよく見ると、切ったあとにくっついているものも、、、 汗

しかし、それもまた味わい深い(ということに、、、 苦笑)

 

蕎麦の写真26

自分で打ったそばと、出来上がったそば。

食べる前ですが、この時点でちょっと達成感があります 笑

 

蕎麦の写真27

ではでは、実際に頂いてみましょう!

つゆは市販のめんつゆです。

また機会があれば、かえしから手作りして、オール自分メイドのそばにもチャレンジしたいですね!

 

もぐもぐ、、、

 

蕎麦の写真28

ごちそうさまでした!

下手くそなりにも、美味しく頂けました ^^

やはり打ちたてで食べるのは美味しい!

同時に、自分で打って食べるそばには達成感もプラスされて、さらに美味しさがアップします!!

 

が、しかし、自分で打って食べて解ることがありました。

それは、、、

おそば屋さんのお蕎麦って、やっぱり美味しい!!

まさにこの感想に尽きます。

 

そばの風味も全然違いますし、ちゃんと切り揃えられたそばの喉越しの良さ。

そばに合わせられた自店のつゆの味付けも計算されていて、やはり素人が一朝一夕で出せるものではないということが痛感させられます。

 

そんなことを感じながら、自分で打ったそばと、お店で食べるそばの食べ比べをしてみると面白いかもしれませんよ ^^

 

最後に、そば湯を楽しむ

蕎麦の写真29

そばを食べた後の楽しみといえば「そば湯」ですよね。

そばを茹でた後の茹で汁のことをそば湯と言いますが、この中には「ルチン」というポリフェノールの一種である栄養がたっぷり含まれています。

(ルチンは水溶性なので、そば湯にたっぷり溶け込んでいるのです。)

このルチンには抗酸化作用効果が期待されていて、体の老化を防ぐと言われています。

そのためそば湯は健康にとても良い飲み物なので、捨てずに飲んでおきましょう!

※ただ、つゆにそば湯を注いで全部飲んでしまいますと、塩分と糖分の過剰摂取にもなってしまいますので、つゆを違う器に移して、少量のつゆで割って飲むことをオススメします!

 

蕎麦の写真30

そば湯もおいしく頂きました〜!

こちらも、本格派を目指すのであれば、ぜひ湯筒をご用意下さい ^^

一気にお蕎麦屋さん感が出ますよ。

 

素人でも出来る、そば打ち まとめ

手打ちそば、家でやるにはちょっとハードルが高い気もしますが、慣れれば30分くらいで打ち始めから食べるところまでいけますよ!

自分で作った蕎麦はまた格別。

仲間内でワイワイやるのも良いかもしれません!

休日の時間がある時にでも、お昼ごはんにぜひ自分で打ってみてはいかがでしょうか♪

 

そして今回のそば打ちの参考にさせて頂きました、こちらのサイト↓

ソバヤコム

同じ組合のおそば屋さんが運営されているサイトですが、めちゃめちゃ勉強になります!

正直、このサイトをしっかり見ればそば打ちが出来るようになると思います。

動画もありますし、受講料を払っても良いくらいのクオリティーです。

実際に打つ際は、ぜひご参考にどうぞ♪

関連記事

PR



蕎麦の写真13

【うなぎの出前配達・お持ち帰り 承ります】

蕨市内全域・川口市の一部、南浦和近辺、うなぎをお届け致します。

また、ご予約によるお持ち帰りも承りますので、お気軽にご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA